ピュアオーディオにかけて本物のノイズを手に入れるための試行錯誤の年々

あたいは中学の内からオーディオが大好きで、日々、オーディオでBGMを聴いていました。 但しオーディオ会社で聴く会話は余程と言って在宅のオーディオはかけ離れる、全く有難い会話でした。 その調音の隔たりに驚き、しばしは呆然としてBGMを店先で聴き入ってしまい、私もこうしたオーディオが欲しいと心の底から思いました。 しかし、どんなに社会人になったとはいえ、相当会話の良いピュアオーディオは高額な品物でした。 それは自分が出せる価格も凄まじく関係しますが、やっぱり聞きたいBGMの種類や好きなアタッチメントのクリエイターなどを何かと考慮する必要があると思ったからです。 ひと度、冷静になろうという自宅でオーディオ雑誌を読み漁り知見を得ました。 そうして心がまえしました。 価格10万円でクリエイターはオンキヨウ、単体オーディオで貰うに関してに決めました。 本当はラックスマンやマランツなどのエクセレントカテゴリーが欲しかったのは事実ですが、価格が許しませんでした。 それでまた電気街路に繰り出し、店先スタッフに細かく概要しアンプやプレイヤー、スピーカーなどを購入しました。 スタッフとも、全く仲良くなってちょい値段を下げてもらいました。 とっとと、家に帰りセッティングしてドキドキしてCDをセットしました。 そこから出てきた会話は今までの体制から急激に望ましい会話でした。 ある程度は、そのシステムでBGMを聴いて満足していましたが、だいたい3カテゴリーでいくぶん不服が出てきました。 色々なオーディオ雑誌を読んでいると真空管アンプの方が良い会話が出るという文字が沢山あり、至極期待が沸きました。 書店に行くといった真空管アンプ自作という媒体が沢山並んであり、あたいにでも作れそうなマガジンを探し出しました。 すると製造価格が5万円でEL34という真空管によるアンプの製造を丁寧に説いた媒体があり、これだと見なし買い入れに飛び立ちました。 製造には障壁を極めましたが、全くおもしろい業務でした。 CDプレイヤーでCDを快復すると、無事に会話が出ました。 会話もトランジスターアンプは全く違う会話で高音から低音までバランス良く出て、自作した割合はパーフェクトしました。 これからも素晴らしい会話にかけて邁進したいと思います。爪水虫は自分でも直す事ができます